取得する年齢

日本において、免許取得年齢は自動二輪の場合、16歳からです。
そして普通免許の場合は18歳にならないと運転免許は取得できません。
また普通自動車の免許をとるため、公道での実技に必要な仮免許が出されます。
しかしその年齢も18歳以上でないと仮免許は受理されず駄目です。
そのため、どれだけ早く取得したいと思っても、運転免許を取得するには年齢制限があります。

年齢制限をクリアできれば、自動車運転の運転免許を取得することができます。
そして運転免許証取得の一つ目の方法は、警察の運転免許試験場である免許センターに直接出向き、そこで仮免許試験と本免許試験、そして学科試験を受けます。
そしてそれぞれの試験に合格をして、自動車運転免許証を取得する方法です。
もう一つの方法は、運転免許試験場で直接受験する方法です。
しかしこの方法は自分一人で勉強しなければいけません。
そして実際の自動車の運転はその場でしかできない為、確実に運転できる技能が要求されます。
しかしこの方法の良いところは、運転免許証にかかる費用が格段に安くなります。
そして新規普通免許所得者の多くは、指定自動車教習所に入校して免許証を取得しています。
この指定自動車教習所に入校し、卒業検定に合格することで、運転免許試験場での技能試験が免除されます。
そして適性試験と学科試験に合格すれば、晴れて運転免許証を交付され自分で運転することが可能となります。
しかしこの指定自動車教習所の料金は、他の方法と比較しても高いです。